麒麟がくる 第7話

駿河の今川義元(片岡愛之助)の勢いに脅威を感じた尾張の信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。信秀は、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、嫡男の信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。その頃、光秀(長谷川博己)は駒(門脇麦)に付き添われて京から明智荘に戻る。母・牧(石川さゆり)や家人たちに迎えられていると、突然帰蝶が館を訪ねてくる。帰蝶は、幼なじみでほのかに恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めてほしいと頼む。一方、光秀は道三から、自分に対して口を利かなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here