古畑任三郎3 第3話

出張を終えた古畑任三郎(田村正和)と今泉(西村雅彦)、西園寺(石井正則)の3人の刑事は、長野の雛美(ひなび)村に立ち寄った。その村は、全村民から敬意を集める荒木嘉右衛門(松村達雄)村長を中心とする寒村であった。荒木ら村の幹部は、村の活気を取り戻そうと地酒開発に乗り出し、東京のデパートと組んで売り出す計画を進めていた。 古畑一行は、村にたった一つの旅館に泊まった。今泉はそこで日下部薫子(あめくみちこ)という女に出会い、ピンポンに興じる。薫子はデパートの仕入れ責任者で、地酒を大々的に売り出すために、たびたび村に来ていた。 しかし、薫子が責任者というのは嘘で、それが荒木たちに知れるところとなる。薫子に使った金は1500万円。表沙汰になると困るうえ、それ以上に地酒開発が頓挫しかねない。開き直る薫子に「あんたら、田舎モンは・・・」と馬鹿にされた荒木は、薫…

#邦画

ビデオが失敗した場合は、ここでバックアップ ムービー ビデオをご覧ください。: Click Here